水虫と言われていますが、正式名称は「皮膚糸状菌症」と言います。
皮膚糸状菌は主に白癬菌(はくせんきん)というカビの一種のことを指し、白癬症とも言われています。

なんて真面目なことを書いて見ました!
私は大人になるまで水虫で医者にかかったことはありません。
田舎で育ったので病院に行くためには、1時間以上歩いていかないといけませんでした。
面倒すぎます。
車も当時はありませんでしたし、父のバイクがありましたが、子供ながらに遠慮していた部分もあったと思います。なにより面倒だったのが1番ですが・・・。

水虫は夏に悪化して冬に落ち着くという感じでした。
大人になってからは2~3回皮膚科に通い薬をもらったこともありました。
でも、薬を塗っても症状はおさまらなかったのでお医者さんに聞いてみると、水虫じゃない別の菌かもしれないから治らないのかもと言われて病院に行くのをやめました。
薬を塗っても意味がないと思ったからです。
即断即決は私のポリシー(笑)。
その時には、爪水虫にもなっていましたね。爪水虫は相当治りにくいんです。それが原因で薬があまり効かないともお医者さんは言っていたような気がします。
何より私が水虫治療もせずに放置していたことが1番いけないことですが・・・。
私みたいな人っているんでしょうか?
半世紀もほぼ自己流で対処してきた人っていますかね?
娘には、あり得ないって言われます(笑)。
実は私が水虫をほぼ完治させた方法は、娘からのアドバイスが大きかったんですよ!